近況ゲームing vol.1

 とっくに新作の季節は始まっているんですが、6月5日発売の『剣の街の異邦人』と『ペルソナQ』は例によってamazonから昨日発送通知が出たばかりの状況ですから、プレイは日曜かそれ以降に成ると思いミャす。
 そして日曜を抜けてしまうと中々プレイ時間がとれなくなるわけですが…ゆっくりプレイ出来ると良いにゃあと思いミャす。

 ミャア、そんなこんなで今後は3Dダンジョンゲーフィーバーに成ると思いミャすが、一先ずは先月プレイしてたアレコレを軽く浚って生きたいと思いミャす。

 続きは折り込みから。
 そして取り上げるタイトルはタグからお察しの通り(笑)。


○『おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 なめこはバナナの夢を見るか?

 大分前に旧ブログで紹介した記憶のある先月期待の1本
 ミャアニャンと言いミャすか、よく出てくれたにゃあ、の一言に尽きる作品です。

 本作の1と2はNDSの初期くらいに出た作品。
 タッチパネルを使った推理アドベンチャーと言う、当時は結構みんな考えたと思う作品ですが、登場人物と世界観がかなりこう正常な頭では思い浮かべない類の斜め上具合に達しているシュールさで、パッケージにビビビと来た我が輩は即購入。見事に嵌ったワケですが…2でシリーズは消沈。
 その後、しばらく息してない状態だったので続編を諦めていたんですが、そこで何故かスピンオフのiアプリ『なめこ栽培キット』がちょっとした空き時間に遊べるアプリとして大ヒット。その後もなめこシリーズは息長く続き、その余波で本編がついに復活。2発売から7年ぶりの本編新作となったワケです。

 本当に、世の中何が転機で転がるのか分かったものじゃありミャせん。

 んで、新作ですが、ボリュームは全4話、正味5時間ぐらい。おまけシナリオもありミャすが1時間くらいで大体全部見れるので6時間もあれば食べ終わる感じです。
 短い??以前からこんなものです。
 ストーリーは相変わらずシュール。
 ではあるんですが、謎解き部分が時代の変遷を移してか、詰まるところが全く無く終わる感じで短さもあって物足りなさは否めミャせんでした。ちょっと悩んだのが最後の最後くらいですかニャア、クリアアイテムを直接使うと邪魔が入るので一段クッションを入れないとダメなところくらいでした。
 昔はもっと悩まされた記憶がありミャすが、どちらかと言えばヒントが今より不親切だった所為。
 そう考えると難易度低下は時代の変遷なのかも知れミャせん。我が輩はこの世界に慣れすぎてる所為かもしれないとかは考えない事にしミャす。

 あと、以前のシリーズに比べてインパクト不足なのは、むしろ1が強烈すぎたのが悪いんだと思いミャす。
 と言うわけで、やった事がないなら1はお勧め、2・3はお好みで、と。


○『逆転裁判5

 どうも新作が出るという話を聞いて、そう言えば去年発売後すぐに買ったのに未プレイだったニャアと引っ張り出してきたのが今更プレイした動機。
 ミャアやりたくなった時がやり時というヤツですニャ。
 むしろ小沢里奈からの流れで似たようなヤツを、と始めたりした気がしなくもありミャせんが。

 流石に長いシリーズだけあって基本は完成していて遊びやすさは満点。
 裁判をモチーフにしたアドベンチャーで、個性的な登場人物を相手に証言の矛盾を見つけ、証拠品を突きつけて嘘や誤解を見抜いて真犯人を暴き出す、とミャアセオリーはいつも通り。本作も登場人物は斜め上を突っ走っている人達ばっかりなので、シナリオは楽しいです。新システムの心理システムも証言者の心理状況から隠された真実に導く、と言うのは面白かったです。流石に裁判中にカウンセリングを始めるのはアレな光景ですが、逆転裁判では日常茶飯事ですしねぇ(遠い目)。
 ただ、基本的にはどれだけあり得ない真相でも、バラ撒かれたピースが完全に嵌る以上納得せざるを得ないというスタンスで無理を通す作風なのに、3話の事件ではピースが嵌りきっていないのに完結に成ってしまっている部分があってモヤモヤするのがマイナス。説明された方法で死体を出すと、死因以外に大きな外傷がないって部分と矛盾しミャすよね、あれ??さらに証拠隠滅にもう一挙動必要で死体発見までに間に合わなさそうに成るわけですが…。

 それ以外の部分は満足。
 8年前の事件により弁護士資格を剥奪されていた初代からの主人公ナルホド君の弁護士復帰、成長して頼れる先輩に成った前作主人公のオドロキくんの活躍、そして新主人公ココネの成長ドラマ、と新キャラを迎えながらシリーズファンへのアピールも強いのが初代から遊んできたきた身としては本当に楽しいです。
 特に初代では駆け出しだったナルホド君が、今や2人の弁護士の部下を従える身として所長として頑張っている姿には胸が熱くなるモノがありミャす。ここいう時の安心感も凄いですしねぇ…やっぱりくぐってきた修羅場を知っているからですかニャア。

 そんなわけで全5話攻略済みで、現在DL配信の特別編をプレイ中。ナルホド君の弁護士復帰第一戦で、またシナリオがトリッキーなのでこれも楽しいです。
 ミャアおかえで、旧作をやり直したくなって4月に出ていた『逆転裁判123 成歩堂セレクション』に手を出しそうに成っていたり、『レイトン教授VS逆転裁判』の配信追加シナリオをプレイしていなかった事に気づいてウズウズしたりしているわけですが…さすがに時間がニャア…。


○『アイドルマスター ワンフォーオール

 アイマス!!
 アイマス!!
 アイマス!!

 と言うわけで、我が輩としてはXbox360版『THE IDOLM@STER』以来の7年ぶりのアイマスになりミャす。
 シリーズ的には間に2とか携帯機のアレやソレやと色々出ているんですが、あんまり食指が動かなかったので本当に久しぶりの購入となりミャした。
 と言っても目的は概ねDL配信のゲストキャラクター『神崎蘭子』。『アイドルマスター シンデレラガールズ』からの出張ですが、本来一枚絵だったアイドルが、アイマスのモデリングで持ち曲『華蕾夢ミル狂詩曲(つぼみゆめみるラプソディーア)魂ノ導(アルマのみちびき)~』を熱唱してくれる姿は、ソーシャルゲームの方で長々付き合ってきた身として嬉しいものがありミャす。
 ゲストキャラDLで1,200円は決して安いものではありミャせんが…ミャア、ブルジョアな遊びですよね、アイマスって(遠い目)。

 あ、本編は結構止め時が分からないゲームで、コレはコレで良い感じ。
 13人のアイドルをトップアイドルに育てるのが目的ですが、Xbox360版初代や前作までが期限付きだったのに対して本作は期限無しで満足行くまで育て続けるタイプと成っているので、攻略の筋道を立ててスケジュール通り攻略していくゲームから、気が済むまでアイドルとじゃれ合いコミュニケーションを堪能するゲームへと、ゲーム性ががらりと変わっていて、違うゲームに感じミャす。
 Sランクエンドを見るには最低限のコミュニケーションと完璧な育成しか許されなかった殺伐としたゲームだったのが好きだったんですが、ミャア最初から別ものだと分かっているのでゆったりプレイしていミャす。

 とにかくあずささんは可愛いです
 最年長なのに一番可愛いです
 間違いなくアイマスで一番好きなアイドルはあずささんです
 Xbox360版では最初に育成した事で思い入れがある双子の片割れ真美、そして初めてSランクまで育てた事でこれも特別に思い入れがあるお嬢様アイドル伊織も大好きです。

 なので、この3人+もう1人を狙ったように育成不可能キャラにした『アイドルマスター2』は我が輩に何か恨みがあったのかと小一時間問い詰めたかったです

 …だから2は手を出す理由がなかったんだよニャア(遠い目)。
 ミャア、今は昔の話ですし、今回2で育成不可能に成っていた4人も育成できるように成ったので今回は楽しんでおりミャす。
 ただ本当にアイドルを愛でるだけのゲームなので、キャラクターに思い入れがあるとか女の子とキャッキャウフフしたいとか言うプレイヤー以外にはオススメできないですニャ。もちろん好きな人にとっては良いゲームだと思いミャすが。旧来シリーズの不満点がかなり解消されていると聞きミャすしねぇ(1しか知らないのでその辺はイマイチ分からない猫)


○『マリオカート8

 安定と信頼と実績と定番のマリオカート最新作。
 これが我が輩が初めて買う『マリオカート』ですニャア。
 これ以前と言えば最後に買ったレースゲームがXbon360版『テストドライブアンリミテッド』(7年前)と言うくらい、よっぽどの衝動がないとレースゲームを買わニャい猫なので、レースゲーム自体の腕もイマイチですし、本当に気分転換的に購入した1本です。

 ミャア、当然ながらよく出来てるニャア、の一言。

 使用可能キャラは最初から16人もいるのに、各レースをクリアする事でさらに増えるらしく見える範囲で25キャラ(もっと増えるかも)。んでカートの性能は、キャラ+カート+タイヤ+カイト(空を飛ぶ場面があるのでそのためのグライダーとかパラシュートとか)で決まり、それぞれ選択肢があって、これもクリアで増えるのでバリエーションは相当多用。
 これだけで充分好みなゲームです。
 コースもかなりバリエーションに富んでいて、デザインもグラフィックも目を見張るものばかり。トレーラーやバスが走り回るハイウェイで他の車をすり抜けて走ったり、長閑な農園のコース上を散歩して回る牛を避けて走ったり、雰囲気の良い遺跡を突き抜けたりと、目でも体でも楽しめるのでたまにしかレースゲームをやらない身にもかなり楽しいです。

 操作に関しては、ゲームパッドの場合、スティックとパッド傾けの選択が可能。『マリオカートWii』のリモコンが傾け操作だったらしいので知っている人には今更だと思いミャすが、運転免許を持っている猫としてはハンドルをイメージしたこの傾け操作は感覚的に操作し易く、これだけでも操作の敷居が低く感じられミャす。
 ミャア、ただパッドって意外と重いので2レース(計8コース)もプレイすると肩がこって動かないわけですが、時間的にはちょうど良いのでしばらくコレで遊びたいところです。

 ミャア、つまりこうやって3Dダンジョンゲーが疎かになっていくと、そんな未来が見えた気もしミャすが、ここ1月はそんな感じのゲーム日和でした。
 …うん、軽く浚うつもりがまたしても長文に(遠い目)。


ナビゲート

剣の街の異邦人 ~白の王宮~
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 なめこはバナナの夢を見るか?
逆転裁判5
逆転裁判123 成歩堂セレクション
レイトン教授vs逆転裁判
アイドルマスター ワンフォーオール
アイドルマスター シンデレラガールズ
マリオカート8

アフィリエイト

剣の街の異邦人 ~白の王宮~ (初回限定版) (『剣の街の異邦人』2枚組 オリジナルサウンドトラック 同梱)
ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
おさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 ~なめこはバナナの夢を見るか?
逆転裁判5
アイドルマスター ワンフォーオール
マリオカート8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)