3Dダンジョン情報局 2014年11月号

 本当は先週更新しようと意気込んでいたんですが、もの凄く予想の範疇を超えた事態が発生したために一週遅れてしまいミャした。今週からこそ本気で頑張りたいです。
 …あんなに元気な職場の先輩が急逝するなんてニャア(はてしなく遠い目)。

 閑話休題。
 久しぶりなので落としているところがあるかも知れミャせんので、ツッコミ等ありましたらよろしくお願いいたしミャす(他力本願)。
 それでは2014年11月号は折り込みから。


○ 2014年8~10月

 まずは2014年8月及び10月発売の3DダンジョンRPGから。

2014年8月7日『Heroes of a Broken LandSteam
2014年8月22日『剣の街の異邦人 ~白の王宮~』Windows
2014年8月28日『迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate』PSVita
2014年9月25日『ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印』PSVita
2014年10月25日『Legend of Grimrock 2Steam

 8月の『剣の街の異邦人 ~白の王宮~』はWindows版の発売、『迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate』は販売元を5pb.に変更しての再販売版と成っておりミャす。ミャア、それぞれ追加要素もあるので気に成る方は調べていただけると幸いです。
 んで、9月発売の『ダンジョントラベラーズ2』もPSPの同作のPXVita移植版。ハード自体の扱いやすさとトロフィーなんかの追加でこちらは凄く興味があるんですが、兎に角長いゲームだった印象が強くて手を出しあぐねておりミャす。
 いやミャアそもそもゲームに費やす時間がですニャア…(遠い目)

 んでSteam関係ですが、8月に『Heroes of a Broken Land』が発売
 レビューによると「Wizardry+civilization」。詳しくは未プレイなので何とも言えミャせんが、レトロな雰囲気も合わせて何だか魅力のあるゲームっぽいです。
 10月は長らく発売日未定だった『Legend of Grimrock 2』が発売
 調べてなかったんで結構驚いておりミャす、もうしばらく出ないと思ってミャしたよ。前作通りならリアルタイムアクション+謎解きといった3Dダンジョンで、一部ユーザーに熱烈支持されていた作品です。結局途中までしかプレイしておりミャせんが、面白いゲームだったのは間違いありミャせん。結構癖も強いゲームだったと思いミャすが。
 ちなみにどちらも日本語対応は無し。プレイするなら気合い入れないといけミャせんニャア…。


○ 2014年11月以降

 ここからは気づいたら増えてた2014年11月以降発売の3DダンジョンRPGです。

2014年11月13日『エルミナージュ異聞 アメノミハシラ・怪』3DS
2014年11月13日『新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士』3DS
2015年1月22日『剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~』PSVita
2015年2月5日『ロストヒーローズ2』3DS
2015年『ダンジョントラベラーズ2-2』PSVita

 『アメノミハシラ・怪』は元々8月くらいに発売予定だったPSPからの移植作品。
 ミャア順調に発売日がずれ込んでいて元から大きかった不安がさらに大きくなっていておりミャすが、どんな出来なのか気に成る作品だと思いミャす。概ねマイナス方向で。

 前回の3Dダンジョン情報では未確定だったのが『新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士』。ミャア、予想通りだったので特に言うことはありミャせん。発売も目前ですし遊べば分かるってゲームでしょうニャア。…結局前作が途中で止まってる我が輩はどうすれば良いんでしょう、ええ(遠い目)。

 『剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~』は言わずもがなの『剣の街の異邦人』PSVita版。Xbox360/Windows版と少々アレンジが違うそうなので注目している方はお楽しみに。

 11月6日のNintendo Directて電撃的に発表された(と言われても嬉しいファンは少ない気がしミャすが(笑))のが『ロストヒーローズ2』。コンパチヒーロー版『世界樹の迷宮』と言った作品だった前作から世界観を引き継いでさらにヒーローも増加、と言ったスタイルの模様です。今回はハードは3DSだけニャンですニャア…って前作も最初3DSだけだったのが途中でマルチに成ったんでしたっけニャ。今回はどうなるか分かりミャせんが。

 そしてミャだティザーサイトだけなのが『ダンジョントラベラーズ2-2』
 3じゃ駄目だったんですね??
 ミャア1が特殊な立ち位置なので仕方ないとは思いミャすが。
 少なくとも1も2もかなり遊べる作品だったので3も期待できるかニャと思いミャす。発売日決定が楽しみですニャア。


○ そんニャこんニャで

 ミャア情報としてはそんなところ。
 一応他にも詳細不明状態の『デモンゲイズ2』『東京新世録 オペレーションアビス2』と言うのも有りミャすがこの辺は詳細が出てからにしたいと思いミャす。そう言えばPROJECT EGGで『魔導物語』のコンプリート版が出るようですニャ。あと去年8月に発売された『MIND≒0』がSteamに進出するって話もありミャすニャ。あんまり詳しくない方向ですがDMM等のブラウザゲームにも3Dダンジョン作品は出ているようで、ゲーム自体枝葉への拡散が進んでいるような感じを受けミャす。
 おじさん猫としては追いかけるのが本当に大変な時代に成りミャしたニャア(遠い目)。


ナビゲート

Heroes of a Broken Land
剣の街の異邦人
迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate
ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印
Legend of Grimrock 2
エルミナージュ異聞 アメノミハシラ・怪
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士
ロストヒーローズ2
ダンジョントラベラーズ2-2

アフィリエイト

剣の街の異邦人 ~白の王宮~ 通常版
剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ (初回生産特典:『ラストクロニクル』 塚本陽子描き下ろし PRカード 同梱)
迷宮クロスブラッド インフィニティ Ultimate
ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印 通常版
エルミナージュ異聞 アメノミハシラ・怪
新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 新・世界樹の迷宮2 サウンドトラック ラフスケッチver.+主題歌(仮) 付


3Dダンジョン情報局 2014年11月号」への2件のフィードバック

  1. >と言われても嬉しいファンは少ない気がしミャすが(笑)
    コンパチファン舐めてんの? DRPG自体が斜陽で購買層も限られてるし出来はともかくダントラとかデモゲも大してそこは変わらんだろw

  2. >オル様
    書き込みありがとうございミャす。
    そう言えばコンパチシリーズだったんですよねぇ。
    完全にダンジョンゲーマーの視点からのみだったのでダンジョンゲーム好きで特撮好きというニッチな層しか見ていないものだと思っておりミャした、割りと本気で。

    逆にコンパチシリーズファンからみて前作はどんな評価だったのか気に成りミャすのでご意見いただけると幸いです。個人的に随所に仕込まれたネタが大変楽しい作品だったと思っておりミャす。戦闘バランスはレベルを上げてスキルで殴れだったのが少々残念でしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)