近況ゲームing vol.7

 年末年始はお休みが長いのでブログに手をつけたい…と思いつつ手をつけるのが晦日になってしまった今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。…おかげで引っ越しから半年ほったらかしの部屋がようやく綺麗に片づきミャしたが(遠い目)。

 そんなわけで、ここ2ヶ月ほどでプレイしていた各種ゲームの話題でも。


○ Halo: Reach

 Xbox360のFPS。
 ゴールド会員だとその月だけ無料で対象ソフトが購入できるGAMES WITH GOLDの先月の対象ソフトだったので購入しておいたものです。ミャア触りだけでもプレイしないと勿体ないと言う思考が働いたりなんだりしてのプレイですニャ。

 前述の通り、ゲームとしてはFPS。
 シングルモードではとある惑星を舞台に異星人との戦いを続ける、と言ったストーリーのようです。
 最初のステージすらまともにクリア出来ないへっぽこなのでストーリーをどうのこうのと言う事が全く出来やしミャせんが。

 いや、その、難しいです。難易度は下から2番目位なのにホントさっぱりで…(白旗フリフリ)。

 この手のゲームを余りやらない所為でセオリーを理解していないというのが大きいと思いミャすが、兎に角敵に狙われると割りとあっさりやられるので物陰に隠れつつ戦う、というのをちゃんとやらなければ成らないニャアというのは分かりミャした。
 が、それ以上に敵になるのが弾切れの存在。
 どうも敵の死体からちゃっちゃと武器を奪いながら進めないとあっさり弾切れしてしまうようで、敵の武器を拝借しようとまっただ中に突っ込んで死亡、と言うのを何度も繰り返して心が折れておりミャす。

 このゲーム絶対我が輩に向いてミャせん(断言)

 ミャア、流石に1ステージもクリア出来ないのは癪なのであと数回はプレイすると思いミャすが…やはりセオリーを掴めないゲームは駄目ですニャア(遠い目)。


○ Red Faction: Guerrilla

 Xbox360の3人称視点型アクションゲーム。
 今月のGAMES WITH GOLD対象ソフト。
 ちなみに2009年頃の作品です。

 こちらは火星開拓民が地球防衛軍の圧政にゲリラとして立ち向かうという作品。

 武器は爆弾とハンマー
 建物を壊して、壊して、壊しまくれ!!

 あ、バカゲーだコレ

 凄いニャアと思うのが兎に角建物なら大体破壊が可能な事
 振り回すハンマーは建物の壁なら大体粉砕でき、穴が空けば出入りが可能。壁をまるごと破壊すれば当然上の部分は倒壊。その気になればハンマーだけでも建物を破壊して回れる爽快感は、なんというか他のゲームでは真似できないものを感じミャす。ミャア、流石にハンマーだけだと時間がかかるし、時間をかけると地球防衛軍も駆けつけてしまうので基本はリモコン爆弾での破壊となりミャすが、コレはコレで効率の良い破壊方法の研究が楽しそうなので、何だかとっても楽しいゲームな予感がしミャす

 コンセプトだけでワクワクできるゲームって本当に素晴らしいですニャア…。


○ The Elder Scrolls V: Skyrim

 そんな2作をDL中の傍らにプレイしていた3DアクションRPG。当然Xbox360版。
 気がついたら繰り返してメインストーリーを3~4回はクリアしていたりするのにサブイベントが多すぎて未だに知らないお話が多いという超大ボリュームが魅力の作品です。ゲーム的には割りと単純なので合わない人は合わないし飽きる人はすぐ飽きるんですが…我が輩こういうゲームが大好きなモノで半年おきぐらいにやっている気がしミャす。

 んで、ミャア3つ出たDLCで手つかずだった「dragonborn(ドラゴンボーン)」をプレイ。
 このDLCは新しいエリアが舞台で見知らぬ土地へ行く事に成るので、既出の世界を歩き回ったプレイヤーでも新鮮な気持ちで遊べるのが素晴らしいです。モンスターや植物などの素材もその土地限定の新しい物が多いですし、DLC出すんならこのくらい変化が欲しいところですよニャア。

 相変わらず1クエストが結構時間かかるのに結構な量のクエストがある所為で追加のメインストーリーが全然終わりミャせんが、ミャア休みを利用して思い出したようにプレイしていくと思いミャす。


○ TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION

 調べても自分が買ったのがどの作品なんだかよく分からなくて色々探してしまった『トゥームレイダー』の10作目。購入はXboxOne版。
 ミャア衝動買いです。

 モノとしては探索型アクションゲーム。バイオハザードとかその辺のスタイル…なんですが、あんまりその系統のゲームをプレイしないのでどの辺がどうなのかは上手く言えミャせん。

 取り敢えず触りをプレイ。
 ヒミコの宝を探していたら船が襲われ漂流して辿り着いた島で簀巻きにされて、命からがら脱出、仲間と合流して島から脱出しようと画策…というゲームだという当たりまでしか分かりミャせん。割りと操作が複雑、どいうかボタン操作が多くてイマイチ慣れないんですが、慣れれば探索を楽しめるのかニャア…と思いミャす。
 ミャア、その後他のゲームに浮気して満足にプレイしていないわけですが。


○ Forza Horizon 2

 XboxOneの公道レースゲーム。
 無事クリアしミャした。

 レースゲームをこんなにがっつりプレイしたのは甥っ子とやってた『マリオカート8』を除けばXbox360の『Test Drive Unlimited』以来です。あれも公道レースゲームなんで、本当に趣味が現れてるニャアと思いミャすが。

 んで、クリア後も当然ゲームは続きミャす。
 車種が当たり前に100台位以上あったりと、コレクション要素は当然充実しているゲームですし、レースの種類自体が6エリア×28で168もあったりと全プレイするのに相当な時間がかかるボリュームなのでやり始めたら止まらなくはあるんですが、流石に多すぎるので一旦離れミャす。ゲーム内容にビジュアルやゲームコンセプト等、色々面白い作品ですし、思いだしたようにプレイしそうなのでちょっと怖いんですが…いや、良いゲームの証ではあるんですけどね、時間ドロボウって(遠い目)。


○ ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア

 ポケットモンスターシリーズ最新作。
 分類的にはX/Yから始まる第6世代のシステムを用いたルビー/サファイア(第3世代)のリメイク作品。ちなみに第3世代中にリメイク兼バージョンアップであるエメラルドが発売されているので、実質2回目のリメイクです。

 ミャア当然のごとく両方のカートリッジを購入して全クリアしてポケモン集め中。
 今回はクリア後のお楽しみで旧シリーズの伝説のポケモン(作中1匹しか入手出来ず、タマゴを使って増やすことも出来無いレアなポケモン)がほとんど登場するので、その辺は本当に楽しいです。本作で出ない伝説系はX/Yで手に入るので(サンダー/ファイヤー/フリーザーの3体は条件がちょっと面倒なんですが)、第6世代だけでほとんどのポケモンが捕まえられるように成っていると言うのは悪くないサービスだと思いミャす。

 さて、本作ですが、ルビー/サファイアはストーリーが怪獣映画っぽくて大好きだったりしミャす。
 旧リメイクのエメラルドはさらに怪獣映画らしくて面白かったんですが、今回はルビー/サファイアのリメイクなのでそちらの再現はされていミャせん。その代わりクリア後の「エピソードデルタ」でフォローっぽいことがされているので、コレはコレで楽しめミャした。ちょっと駆け足に感じるのは、本編終了後だから仕方ありミャせん。
 あとアルファサファイアの方のエピソードデルタはオッサンがちょっとホモっぽくて…ミャア別に構わないんですけどね(遠い目)。

 アルファもオメガもエピソードデルタまで攻略。あとはアイテムを集めて対戦に興じたい…んですが、色々準備に時間がかかるのでその辺で放置。対戦に身を入れようと思うと下準備がアレコレ必要に成るのが楽しいやら面倒臭いやらで時間が欲しくなるのが辛いところですニャア。


○ ファイナルファンタジー エクスプローラーズ

 何故か雰囲気に引かれて買っちゃったゲーム。
 内容は『モンスターハンター』な『ファイナルファンタジー』。或いは『ファイナルファンタジー』な『モンスターハンター』。
 …思ってたのと違う(遠い目)。
 ミャア、情報集めずに買う方が悪いんですが。

 モンスターハンターにしてもそんなにプレイしてはいないんですが、触った感触はアクション部分以外は一緒。街でクエストを受けて遂行、集めた素材で武器防具を作ったり鍛えたりしながら新しいクエストに挑む、と『ファンタシースターオンライン』辺りから脈々と受け継がれてきたあんな感じのゲームスタイルそのままの探索アクションRPGでした。
 というかアクション部分が中途半端にコマンド式っぽく感じて不思議な気分に成りミャす。もっとアクションアクションしてるゲームだと思ったのに…(遠い目)。

 FFらしくジョブがあって、ジョブごとにアビリティがあって、クリスタルドライブという能力でそのアビリティを変化させて新たに身につけたり、面白そうな要素はありミャすし、モンスターを連れたり召喚獣を使ったりと未だ見ぬ機能もあるので今後面白くなりそうとは思うんですが…これはあんまりハマらない気がするニャアと思う今日この頃です。
 一先ずのシナリオクリアまでは遊びたいんですが…。


○ TOYS DREAM

 うっかり衝動買いしたPSの作品。PS3のゲームアーカイブスで購入。
 研究所の借金を返すために4人の少年少女が素材をかき集め色々な発明品を作りながら街の人達の依頼を叶えていく、というミャア簡単に言うとプレイヤーキャラクターの多い『エリーのアトリエ』ニャ作品。
 あっちがファンタジー世界での錬金術なのに対してこちらは産業革命前後の世界で科学寄り。
 作れるモノも鉄板やネジなどから電気機器や自動車なんかに発展するので、科学や化学が好きなプレイヤーには結構堪らないものがある作品だと思いミャす。もちろん我が輩がそうです。
 ストーリー的には大きな動きがほとんどなく、道を発見して新しいポイントを見つけ、黙々と発明を続けながら借金を返していく、という結構地味なゲームなんですが、「色々なモノが作れる楽しさ」「仲間を上手く動かす事のスケジューリングの楽しさ」「道や街を発見していく楽しさ」などが上手く出ているので、結構な良作だと思いミャす。

 好きだからこそ、今更衝動買いしたわけですけどね。


○ アストロノーカ

 うっかり衝動買いしたPSの作品part2。PS3のゲームアーカイブスで購入。
 もう名前の通り、異星で農家をやるそれだけの作品(アストロノーツ(宇宙飛行士)+農家)。

 これも何科目目と野菜作るだけ、畑に群がる生物を追い払うだけ、たまに捕まえて可愛がるだけ、とミャアそんなゲームで…我が輩好み。たまに起動させてちょっとやっては悦に浸る、そんなスタイルが似合う作品なので割りとファンがいるのは頷けミャす。


○ モンスターファーム2

 うっかり衝動買いしたPSの作品part3。PS3のゲームアーカイブスで購入。
 と言うか、コレが衝動買い’Sの大本命。

 まさかアーカイブスで配信されるとは思いミャせんでした

 本当に好きな作品で、先日引っ越しの際に泣く泣く処分する事になって友人に差し上げたモノの、やっぱりやりたくなってコレと、同じく1を送り返して貰う約束をしていたぐらいだったんですが…ええ、そりゃ配信されたら買っちゃうに決まっていミャす。
 本体に入っている方が起動も楽だしディスク取り出しの手間もかかりミャせんし(ものぐさ猫)。

 内容はモンスターを育てて戦わせる育成シミュレーション。
 最大の売りはCDからモンスターを再生させられる事で、多用なCDから様々なモンスターが生まれてくる、それだけで楽しい作品だと思いミャす。ミャア、2は最初から再生させられるモンスターの種類が少ない所為で、かけるCDかけるCDが「未だ再生できません」と断られてストレスが溜まるのもよくある話だと思いミャすが。

 ミャア、そんなわけで、先ずは殿堂入り(所謂クリア)を目指してプレイ中。
 2匹ほど育成して未だ殿堂入り無し。
 序盤のアレコレ揃ってない状態は結構大変です。
 そして殿堂入りぐらいでようやく全てのモンスターが再生可能になるぐらいでそこからが本番、ってゲームでもあるので本当に先は長いんですが…やるゲームを際限なく増やしてどうするんでしょうね、我が輩は(遠い目)。


○ ガンダムブレイカー2

 PS3ソフト。
 本年最後の目玉

 内容はガンダムのプラモデル(ガンプラ)をテーマに、パーツを組み替えて自分だけのモビルスーツを組み立てて戦う3Dアクションゲーム。
 もちろん売りは組み合わせの自由さ
 前作はMSの種類が少なめでしたが今回は倍増。またコントロールし切れないのを逆手にとって、かち合うパーツでもパーツめり込むけどそのまま組める、と開き直ってくれたおかげでバリエーションは相当に増えていミャす。

 おかげでパターンはとんでもなく豊富。

 パーツごとの性能差はありミャすが、ゲーム自体はそんなに難易度も高くないので極めてしまえば気にせず自由にパーツを組み立てられるレベル。見た目に拘るも良し、能力に拘るも良し、とにかく「パーツを集める」「組み立てる」「改造強化する」の流れが楽しすぎて、発売から2週間ほどばっちりプレイし続けておりミャす。
 気づいたらトロフィー全解放してたりするくらいで、本当に楽しいです。

 …全然トロフィー解放してるゲーム無いから、これで『東京ジャングル』に次いで2本目ですニャア(しみじみ)。

 全体としては、ステージで敵MSを倒してパーツを入手、と言った辺りは一緒。
 ただ前作では拾ったパーツを組み立てる事でレベルが確定し、運が良ければ高レベルパーツが手に入る、と言うパターンだったのに対して、今回はレベル1のパーツしか入手出来ず、代わりに素材パーツを集めて好きなパーツをレベルアップ、と言うパターンに切り替わっておりミャす。ミャア結局高ランク素材を集めるために繰り返し同じステージをプレイする事になるのでゲーム性自体は大して代わりミャせんが、自分の好きなパーツを中心に育てられるので好みの機体を組みやすく、我が輩としてはこちらの方が好きです。
 最後のレベルアップに必要な「希少高剛性プラスチック」の必要量が余りに多すぎて、途方に暮れるのはもうちょっとどうにかして欲しいとは思いミャしたが。

 でもミャア、ステージクリアごとに集まった素材でパーツを強化してアレコレ試行錯誤して自分だけの機体を組み立てるのは本当に楽しいので、もうしばらくはちょこちょこ遊び続けるんじゃないかと思いミャす。
 はっきりとクソゲーバランスだった前作に比べたら、かなり良心的なバランスになって遊びやすく成りミャしたしね(誉め言葉)


○ そんなわけで

 相変わらずアレコレ積んでる状況の上、本当に3Dダンジョンゲームが放置状態と酷い状況にありミャすが、来年はプレイ日記共々少しは身を入れていきたいと思いミャすので、気長にお付き合いいただけると幸いです。
 取り敢えず『剣の街の異邦人』から片付けていかないとニャア…(遠い目)。


ナビゲート

Red Faction: Guerrilla
The Elder Scrolls V: Skyrim
TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION
Forza Horizon 2
ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア
ファイナルファンタジー エクスプローラーズ
TOYS DREAM
アストロノーカ
モンスターファーム2
ガンダムブレイカー2

アフィリエイト

Halo : Reach Xbox360 プラチナコレクション
レッドファクション:ゲリラ
The Elder Scrolls V: Skyrim Legendary Edition 【CEROレーティング「Z」】
トゥームレイダー ディフィニティブエディション 【CEROレーティング「Z」】
Forza Horizon 2 DayOneエディション (特典ご利用コード」 同梱)
ポケットモンスター オメガルビー
ポケットモンスター アルファサファイア
ファイナルファンタジーエクスプローラーズ
TOYS DREAM
アストロノーカ
モンスターファーム2 PlayStation the Best
ガンダムブレイカー2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)