『剣の街の異邦人 ~白の王宮~』プレイ日記 vol.5

 そろそろ書いてる方も何がどうなっていたのか忘却との戦いを始めている冒険日記始ミャるよ~。
 出来れば今月中に良いところまで進めたいですにゃあ(はてしなく遠い目)。

剣の町の異邦人

 そんなこんなでXbox360ソフト『剣の街の異邦人 ~白の王宮~』プレイ日記、5回目。
 続きは折り込みから。


○ 未だ彷徨う世界

 少し前を思い出してみミャす。

血統種ル・ビィン

 ヒャッハー!!血統種だぜー!!

 全滅した

 …う、頭が(頭抱え猫)。


 そんなこんなで、前々回も触れてる血統種ル・ビィン。ある程度自由に探索可能になってから鍛え直しては挑んでいるんですが、こう、いつまで経ってもさっぱり勝てる気がしない状況が続いておりミャす
 強い(飾りっ気無く一言)。
 手配書を読む限りは危険度が星1つですし、ダンジョンに入れるようになったらすぐに分かる場所にいて何時でも戦えるタイプの血統種なんですが、明らかに他の星2つの血統種より強い存在で、どうも体感って言うか経験的に星の設定を間違えているようにしか思えません。おのれ手配書め…(逆恨み)

 ミャア、勝てないのは仕方ないので、経験値及びアイテム稼ぎを続けるしかなく、かといって「灰者の谷」はそんなに広くもなく、先に進むと敵が急に強くなるので、今回は割りと穏やかな難易度(「灰者の谷」に比べれば)の「雪と森の廟」と「陰の王宮」を中心に探索を進めておりミャす。
 実際のところは、「陰の王宮」はある程度固まって待ち伏せがし易いので、探索より戦闘がメイン。「雪と森の廟」は回転床のせいでただ歩くだけのことが面倒な場所が序盤にあるので、一先ずは探索をメインにして噂の途中再開ポイント「魔石」探しに専念しておりミャしたが。


○ a surprise attack

 そんな「陰の王宮」での戦闘中、それは起こりミャした。
 敵は待ち伏せで現れたクラーケン。

クラーケン

 名前からも想像がつくとおりのデカブツで、見た目通かなりタフ。攻撃力もあって、油断してたらやられそうな相手だったので全力で挑んでいたわけですが。

突然の襲撃

 その戦闘中に突然発生したのが血統種とのエンカウント情報
 え!?コイツがボスに変貌!?
 とか一瞬何事かと本気で戸惑ったわけですが、しばらくしてこの辺りには長期戦を行っていると血のにおいを嗅ぎつけてやってくる血統種がいる、なんて情報を思い出して納得してみたり。

青き頭蓋

 というわけで、これがブルーヘッド。
 結局クラーケンはタフすぎて倒しきれず、逃走。そのままブルーヘッド戦に突入です。ええ、途中からいた割りにクラーケンの後ろでほとんど行動してなかった所為で、気分的にほぼ連戦状態でした。
 蓋を開けてみると、クラーケン戦時から補助魔法を溜め込んでいた分、敵としてはそれほど怖い相手ではありミャせんでした。
 ただ見かけ通り攻撃が中々当たらない相手だったので戦闘は長期化。クラーケンと出会う前に結構消耗し、クラーケン戦でも消耗していたので、最後は結構ギリギリだった気がしミャすが、消耗した状況でも倒せる相手だっただけに、ミャア血統種としては弱い方じゃないかと思いミャす。

手配書より

 ちなみに危険度は☆2つ。手負いで来ると危ないのかも知れミャせんが、体感的にはル・ビィンの方がよっぽど危険なんじゃないかと…(遠い目)。


○ a revenge match

 「雪と森の廟」の探索の方は、無事オークの村を抜けて、東の湖へのルートの確率に成功。

魔石との初遭遇

 噂の魔石も無事発見することが出来、今後はここから再開が可能と成りミャした。
 これで迷いの森を突っ切る必要も無くなったので探索は楽になるでしょう。…と意気込んで入ってみた湖区画のモンスターが普通に強くて今から怖じ気づきそうではありミャすが(遠い目)。

 ちなみにオークの村では族長にも謁見済み。
 てっきり好戦的かと思ったら現在は体調が優れない模様。そんな状態なので湖のモンスターから「黄金の肝」を持ってきたら信頼してあげる、なんて言われるので、ここでは特にいざこざは発生しないですみそうです。
 ミャア、一先ずは目的が出来た、と言った所でしょうか。


 そんなわけで、一通り鍛え終わったと判断したので、最後にル・ビィンとの再戦

 コイツとの戦闘は前方に大量の雑魚、そして後方からのル・ビィンの攻撃、という二段構えなのが鬱陶しいところ。その上でル・ビィンの攻撃力が高く、連続攻撃してくると言うのが厄介極まりありミャせん。
 ニャので今回は神器スキルの「黒金の壁I」を利用。
 1ターンで切れるものの、物理ダメージを半減する効果は絶大です。消費士気は5ですが現在最大値は25で、毎ターン2~3は回復することを考えればほぼ毎ターンの使用が可能で、頼れる盾になりミャす。
 毎ターン使うのを忘れなければ

 orz

 使い忘れたときに限って後衛が集中攻撃受けるとかよくある話過ぎですね、本当に。
 それを抜きにしても、半減できない全体魔法攻撃まで使って来るのがル・ビィンの恐ろしいところ。おかげで本当に戦闘が安定しミャせん。
 それでも鍛えた分の効果は出たらしく、ついでに物理攻撃メインで攻めてくれた運もあって、序盤の内に魔法「マルチアボイド」で回避を大きく上げることに成功。途中から「マルチキュア」での全体回復にクレリックを回すことが出来たのが功を奏して、何とか勝利を収めることが出来ミャした。

掴んだ勝利

catswork2015_1_2_06

 これでうっかり「黒金の壁I」を使い忘れたときに集中攻撃を浴びてダンサーが死んでいなければ最高だったんですが…。


○ 再び動き出す勢力達

 ともあれ、なんとかかんとか2つ純結晶を手に入れたので、今回は異邦人ギルドに捧げることにしミャした。

新たな力

 今回解放の神器スキルは「天竜の翼」。効果は…おいおい確かめミャす。

 んでもって、純結晶を捧げたことでイベント発生。
 三勢力会議とか言うものが開かれるとの事で、主人公達にも一番活躍している異邦人と言う事でお声がかかりミャした。
 さて、どんな話を聞かされるやら…と言った所で続きは次回に。


○ 冒険の記録と備忘録

Lv 愛称 種族 クラス 性別 LP 年齢
11 ぽひ ヒューマン サムライ 1/1 67歳
9 ダンテ ドワーフ ナイト 2/2 43歳
7 ハワード ヒューマン ファイター 2/2 50歳
8 アーシュラ ネイ ニンジャ 3/3 12歳
8 セルマ ヒューマン ニンジャ 2/3 12歳 療養中
9 ワーグナー ネイ ダンサー 1/2 31歳 蘇生中
9 ルイス ミグミィ ダンサー 2/2 41歳
9 エンデ ミグミィ ダンサー 2/2 41歳
9 ボーム エルフ ウィザード 2/2 23歳
9 ローズマリー エルフ ウィザード 2/2 42歳
9 エンデ ミグミィ クレリック 3/3 17歳
9 プリョイセン ミグミィ クレリック 2/2 42歳

備忘録

・「雪と森の廟」東の湖で「黄金の肝」を手に入れたらオークの長にあげること


ナビゲート

剣の街の異邦人 ~白の王宮~

アフィリエイト

剣の街の異邦人 ~白の王宮~ (初回限定版) (『剣の街の異邦人』2枚組 オリジナルサウンドトラック 同梱)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)