『アメノミハシラ・怪』プレイ日記 vol.1

 そんなわけで新春積みゲー消化第1弾と言う事で『エルミナージュ異聞 アメノミハシラ・怪』プレイ日記でも。ちゃんとクリアまで進むかは神のみぞ知りミャす(丸投げ)。
 続きは折り込みから。


○ 概要

 プレイ前にちょっと説明。
 本作は2012年9月13日に発売されたPSPソフト『エルミナージュ異聞 アメノミハシラ』の3DS移植版です。
 タイトルの通り元々は3DダンジョンRPG『エルミナージュ』シリーズからのスピンアウト作品…ではあるんですが、ストーリー的な面は一切繋がりがなく、システム面においてのみエルミナージュのそれ、と言った作品でした。

 ミャア、3DダンジョンRPGであるので一応触りはプレイしておりミャす。

 シナリオに女神転生旧シリーズでお馴染み鈴木大司教こと鈴木一也氏を起用し、和風テイスト溢れる世界観を構築してシナリオ面に力を入れ…てはいたんですが、我が輩は入り込むことが出来ず序盤しかプレイしミャせんでした。うん、その、モンスターの種類が異常に少ないのに単調で妙に広いダンジョンを序盤から歩かされるのは辛かったですから…。


○ かくして学園から物語は始まる

 前振りはそこまでにしてゲームスタート。
 まず主人公選択ですが、男の子を選ぶ理由がないので女の子の方を選択。

 舞台はとある学校。裏庭にトコヨサマと呼ばれる謎の祠がある事を除けば普通の学校です。
 で、最近その学校に幽霊が出る、なんて噂が広まり新聞部である主人公須芹未姫(すせり みき)とパートナーの八上朔也(やがみ さくや)がその調査に動き出す、と言うところから物語はスタートしミャす。
 と言うかですね。

 何か凄く舞台や操作を丁寧に教えてくれる序章から始まるんですが、PSP版にコレありミャせんでしたよね??

 普通にあちこち歩いて、新聞部らしく色んな生徒に話を聞いて…ああ、ニャンかちゃんと学園っぽい空気があるって悪くありミャせん。
 で、そうこうしているうちに事件が起こり、学園が霧に包まれて本編が始まりミャす。


○ 一章 霧の夜

 突然霧に包まれた学園。
 周囲には化け物が現れ、主人公とパートナー以外の学園にいた生徒達が全員石になる、と言う怪異が発生し、主人公達は戸惑いながら学園を探索することになりミャす。と言っても序章である程度歩いていたり、必要のない部分に霧が立ちこめて先に進めなくなっていたりするので探索は簡単。途中でサカキリンタロウと名乗るなんか見た感じ黒幕の一派っぽい人物が力を貸してくれるので、彼に従いながら武器を手に入れ、戦力を整えながら先に進むことになりミャす。
 というかサカキさん攻撃力が高くて凄く頼りになりミャす。

 そんなこんなで体育館倉庫で武器を手に入れたら、レベル上げとマップを埋めをしつつ進行。
 んで、途中でサカキさんと別れて3階の生徒会室らしき部屋に行くと、怪異を引き起こした黒幕っぽい連中が出現。彼らの目的は主人公とパートナーそのものらしく、さらわれそうになりミャすが、主人公は助けに入ったミョウブと名乗るボールみたいな猫に救われ脱出。しかし結局パートナーはさらわれてしまうので、主人公は彼を助けるために、ミョウブに手を引かれ、トコヨサマから道を開いて「常世の国」へ旅立つのでした。
 というわけでここから舞台はここから異世界へ移りミャす。ミャア、学園へは何時でも戻れるんですが。

 で、ミャア驚いたことが1つ。

 ただの女子校生のはずの主人公が何の説明もなくレベルアップで呪文を覚える全力で突っ込み待ちだったシチュエーションが修正されていミャす。

 やっぱりツッコミ多数だったんだろうにゃあ

 代わりにどうなったかというと、トコヨサマで手に入れる緑の勾玉が鍵。コレを入手したことで主人公の中で力が目覚め呪文が使えるようになる、とミョウブに言われたとおりレベルアップで呪文が覚えられるようになりミャしたとさ。
 …突っ込む場所がなくなった分良くも悪くも凄くありがちな異世界召喚ものになった気がしなくもありミャせんが気にしないことにしミャす。


○ 二章 常世

 んでここからが本格的な冒険になりミャす。

 先ずは常世の拠点と成る「芦原の都」のお屋敷で長老に色々話を聞かされるわけですが、状況をざっくり解説すると、
○この世界には人間を含む5つの種族が居る
○天照鏡という宝が1度盗まれ、その後突然戻って来た
○戻って来た直後、天照鏡は砕かれ世界に四散した
○天照鏡を砕いた屋の持ち主が人間族だった所為で現在人間族は5種族に敵視されている
○天照鏡に絡む黒幕連中とパートナーをさらって連中は多分繋がっている
 ミャア、こんな感じ。
 主人公には何だか力があるらしく、その力を使いながら天照鏡の事件を追っていればやがて常世も救えるしパートナーも救えるだろう、とそんな感じで世界の危機に巻き込まれていくわけですが、ミャアよくあるお話です。

 最初は世界の状況を見るために、5種族によって封印が施されてしまった「八尋殿」へ。
 平時ならここからアメノミハシラというところへ行けるらしいんですが、封印によって進めなくなっているので5種族の誤解を解いて封印を解いて貰う必要がある、と言うのが分かりミャす。
 んで、何かこう作為的な偶然で天照鏡を盗んだと言う盗賊団の居場所が分かり、それを追って「カイコ森」へ。そして盗賊団を追う他の人物を仲間に加えつつ森の奥へと進み、盗賊団の一味である少女を森の奥まで追い詰める事に成りミャす。で、本当はそれは罠で、少女を追い詰めた主人公達に待ち構えていた盗賊団が襲いかかる…はずだったんですがその姿は無く、自分も盗賊団の撤退のスケープゴートにされたのだと理解した少女が逆ギレ。そのまま仲間になってくれた事で盗賊団のアジトが判明し、「八尋殿」の地下から「黄泉比良坂」へと侵入、その奥のアジトを強襲して盗賊団を壊滅させるのでした。

 はい、この辺駆け足で進んでミャす。
 重要トピックはミャア、仲間が集まったこと。本作はキャラメイク無しの6人固定パーティ。…のはずです(ちょっと不安)。
 メンバー的には、
○僧侶系の呪文と召喚師系の特技を持ち戦士としても戦える万能主人公ミキ
○戦士系の能力と特技を持つ女剣豪クレナイ
○同じく戦士系で首切りや速攻と行った特技を持つ侍トウマ
○盗賊系で巫女系呪文を使う女盗賊コトノハ
○陰陽系の呪文を使う要は魔術師な陰陽師のオキナマル
○僧侶系の呪文を使い、アイテム鑑定能力も持つ鳴き声が可愛いマスコット的存在ミョウブ
 の6人(5人と1匹?)。
 オーソドックスな戦士系×3・盗賊・僧侶・魔術師とパーティとしてはバランス抜群と行ったところで、そのうえ「エルミナージュ」シリーズならキャラごとに1つしか取れないようなスキルを複数当たり前に習得していくのでみんな普通に強いメンバーと感じミャす。

 あ、召喚関係(本作では式神)はPSP版からシステムが変更されておりミャす。
 戦闘中に契約して後は使役、と言う形は一緒。しかしPSP版では6体で別働隊パーティを編成していたのが、1体のみ召喚でパーティの前衛に配置される、と言う従来のエルミナージュ方式に戻っているので大分スタイルが変わっておりミャす。
 ニャお、式神契約は各陰妖1匹ずつ可能。同じ陰妖と契約することは出来ミャせんが、1度契約した陰妖は何度でも召喚できミャす。しかも人間系以外は契約可能で契約数に限界がないようなので、気がついたら「呼出」コマンドが陰妖図鑑のような状況になっておりミャす。というかこれ、出会った陰妖は片っ端から契約しろって事ですよね??(実践中)
 ミャア別に図鑑モードもあるので召喚の方で揃える必要性は皆無なんですけどねぇ…出来る事はやりたくなるので仕方がありミャせん。

 そんなモンスター数は公式サイトで売りにされているとおり、増えてミャす。
 めっちゃ増えてミャす。
 体感で3倍くらいに増えてミャす
 考えてみたらPSP版が少な過ぎただけですが、ミャアその事は忘れて良いと思いミャす。
 バリエーションが増えたせいか混乱や恐怖と言った特殊攻撃を使うモンスターが多く感じみゃすが、こちらがほどほどに強いので今のところ苦戦するモンスターはあんまりいミャせんニャ。相変わらず幽霊関係は特定武器や陰陽師の攻撃しか効かず、僧侶呪文でフォローする必要がありミャすが、そういう陰妖は体の端が緑の光に包まれてわかりやすく成っておりミャす。
 今回結構頑張ってミャすニャ。

 あと目に止まった点は武器防具の鍛冶関係。
 PSP版はそこまでプレイしていないのでどうだったのか記憶がありミャせんが、今回は武器防具に1~3個くらいの鍛冶スロットが空いており、これにダンジョンなどで手に入る鉱石を使う事で、その鉱石ごとに決まった効果を付加できる形に成っておりミャす。ミャア、割りと見る気はする形ですが、取り扱いやすいシステムだと思うので、そのうち活用していきたいです。


○ そして冒険は新たなステージへ

 そんなわけで、常世から黄泉比良坂を経て黄泉へと渡ることも出来るように成り、盗賊団もこれ以上追求しても何も分からない程度の情報しか持っていないことが分かった事で、冒険の目的は5種族の人間族への誤解を解くことにシフト。次の目的は修羅族の里「天人の城砦」…と言った所で次回へ。

 PSP版ではここまでしか進めていないので、ここから先は未知の領域ですが…ミャアゆっくり進めていけると嬉しいです。


 あとちょっとバグ報告。

 黄泉比良坂で盗賊のアジトのそばまで行くと回復の泉を囲んで仲間達と会話するイベントが入るんですが、それが終わった後、何故かイベント以前から召喚していた式神(召喚した異形)を元に戻したり改めて召喚したりする事が出来なくなりミャした。どうも召喚した式神はいるのに、召喚能力自体が無かった事になっているような感じでした。
 ミャア、街に出たことで式神は強制帰還となりコレによってバグは解消されたので同じ症状になった人は参考にしていただきたいです。

 これはちょっとしたフラグミスなのかにゃあ…(遠い目)。


ナビゲート

エルミナージュ異聞 アメノミハシラ・怪

アフィリエイト

エルミナージュ異聞 アメノミハシラ・怪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)