『剣の街の異邦人 ~白の王宮~』プレイ日記 vol.6

 我が輩は7日までお仕事がお休みなので、その間は何かしらプレイ日記を続けられたらと思いミャす。

剣の町の異邦人

 と言うわけでXbox360ソフト『剣の街の異邦人 ~白の王宮~』プレイ日記、6回目。
 続きは折り込みから。


○ 振るう剣の先に拓く道

 先ずは三勢力会議から。
 開催は王宮…ニャンですが、開始自体は異邦人ギルドの隊長室からなので注意が必要です。
 いや、その、ちゃんと話を聞いて無くて王宮に出向いてもイベントが進まず、おや??っと思って貧民街の商会まで出向いたのに何も起こらなかったのでギルドまで戻って来た我が輩みたいなのもおりミャすから…ええ(遠い目)。

 それはさておき三勢力会議。
 ここではそれぞれの代表が意見の交換を行う政治的な場所…なんですが。

戦士へのお誘い

 ついていった主人公にかかったのは甲冑兵との手合わせなんてバイオレンスなお誘いだったりするのは、ミャア戦士の宿命なんでしょう。
 もちろん会議を聞いていても仕方が無いので手合わせを了承。
 場所は「陰の王宮」入ってすぐ。

手合わせ開始

 ミャア、相手としては特に珍しい存在でもなかったので(精霊系なので物理攻撃は効きにくいですが、事前に教えてくれるので対処は簡単です)手合わせはすぐ終了。このくらいなら雑魚戦と変わりありミャせんニャ。
 で、王宮へ戻った頃には会談は終了済み。
 しかしどうやらリウはこの会談で異邦人ギルドは自分の世界に帰る道を探しているという胸を打ち明けたらしく、そこから自体は発展し、しばらくは三勢力共に異邦人の帰還実験に付き合う、と言う方向で合意を取り付けられたそうです。
 意外とすんなり受け入れられたのが意外ですが、この辺はリウ及び他の勢力トップの人望と人柄故と言った所でしょうかねぇ。


○ 儀式の森を目指して

 そんなわけで帰還実験のためのミッション開始です。

 計画としては「上層区画」にある「箱船」で実験を行うのが目的。
 その前段階として主人公達には「純結晶の収集」と「「儀式の森」へのルートの確立」が言い渡されミャす。

 必要な純結晶数は3つ。これは他の仲間達も手伝う形なので主人公パーティの割り当てが3つと言う事です。ちなみに実験中は協定で他の勢力に純結晶を渡すことが出来なくなっているので、しばらく箱のミッションに集中することになりミャす。
 「儀式の森」の方は「雪と森の廟」の奥地にあるとの事。ただ、ここは森に住むオーク達にとって聖地となっており、オークの長の了承がなければ立ち入ることは出来ない区画となっておりミャす。と、言われて思い出すのが調子の悪いオークの長に「黄金の肝」を手に入れるというお話で、ミャアその辺のクエストをしっかりこなせば問題無く「儀式の森」には辿り着けると思いミャす。

 ミャア、結局のところやる事はコレまでとそう変わらないわけで、サクサク進めていきたいと思いミャす。


 とは言え必要な純結晶が3つというのはそれなりに多い話。
 これまでの冒険を考えると中々大変そうだニャア、と思ったんですが。

出現ロックベル

 「雪と森の廟」でオークの村の東の湖で待ち伏せしてたら早速出くわしミャした。

大森林の守護者ロックベル

 相手はロックベル。
 見た目の通り鳥型のモンスター。この手の相手は物理攻撃をかわしたり緩和したりする類のスキルを持っているらしく攻撃が当たりづらいのが特徴です。その分攻撃力が低め…と言うほど低くもないんですが、何とか戦えるレベルではありミャす。
 ただ気に成ったのは輸送隊のリーダーであると言う事。

 ターン数かけたら逃げますよね??

 しかし相手は血統種。当然そこらのモンスターよりもタフで、さきの特徴もあって攻撃が結構外れミャす。
 早めに倒したい、でも中々倒せない。
 それはもう、焦るに決まっていミャす。
 そして下手に焦ったら回復タイミングを見誤ったりするのも道理です。

 油断大敵ジジイ死亡 orz

 ミャア、結局被害は主人公だけで済んだので、主人公特権で即時復活できることを考えると(即時復活に必要なだけのお金は要求され、足りない場合は全額持っていかれたりしミャすが)、損害は軽微だったと言えなくもありミャせんが、やはり変に焦りながら戦うのは良くないと身に染みる戦闘でした。

 と言うか、相手は逃げる徴候を見せなかったんですが、もしかして血統種だと輸送隊のリーダーでも逃げなかったりするんですかね??

 ミャア、経験が足りないので実際のところは分かりミャせんが、中々逃げないと言う事は分かったので今後はある程度じっくり戦える気がしミャす。

植物の姫君フレシア

 ニャンて言っていたらまたしても待ち伏せ時に血統種に遭遇。
 こちらはフレシア。
 手配書によると星1つの血統種で、情報では「雪と森の廟」南で目撃があった、と聞いていミャした。なので何度も待ち伏せは試していたんですが、今まで会うことが出来なかった相手です。ミャア、何で急に出てきたかというと、おそらく理由は「ロックベルの瞳」のおかげ。
 先ほどの倒したロックベルから手に入れたアイテムですが、実は結構前からオークの村の前に佇んでいる狩人に、コレを持っていると普通は人間が入れないような獣道でも見つけて入れるようになるなんて情報を得ておりミャした。んで、ミャア使い方は一見行き止まりな通路で壁に突っ込んでみること。要は見えない扉をくぐるような感覚で、そこに獣道があれば通り抜けられるようになるわけです。

 もちろん隠し扉と言えば隠し部屋があるのがお約束。

 あちこち調べて見たらやはり森の南側の外れで隠し部屋が見つかり、そしてそこにあったポイントで待ち伏せていたらようやく出てきてくれたわけです。
 うん、ここで出ると分かっていたら他で待ち伏せを粘ったりしなかったのにニャア(遠い目)。

 あ、実力的には大した相手ではなかったので、苦戦せずに倒せておりミャす。やっぱり最初の方で会うのが正道なのかも知れミャせんが…でなかったものは仕方が有りミャせん。おかげで逃げるかどうかは分からず終いでしたが、少なくとも逃げる徴候はありミャせんでした。


 さて、ここまで来たら必要な純結晶はあと1つ。
 情報により、東の湖のさらに向こうにオークの長が欲しがっている「黄金の肝」を落とす異形がいるのはわかっていミャしたので、フレシアを倒したその足で湖の東側へ。ミャア、消耗も激しくなかったし、いきなり出くわす、なんて事は無いだろう、と。

火喰鳥ポイニーベル

 タカをくくっていると、最初に待ち伏せしたポイントで出てくるんだから油断なんてしちゃいけミャせん。
 どうも何かの作為にひっかかっている気がして成りミャせんが、多分気のせいです。

 そんなワケで血統種ポイニーベルとの遭遇です。

 ミャアどうしたかと言えば初手神気スキルで逃走。
 流石に初見の相手(しかもボスキャラ)と消耗した状態で戦う気はありミャせん。

 実際万全を期して挑んだ2戦目は接戦で、例によってジジイ死亡で辛くも勝利だったので1戦目で逃げたのは間違いなく正解だったと言えミャす。

 というか主人公どうしてすぐ死んでしまうん??(遠い目)

 回復のタイミングで何とか凌げるかと言うところだったのに、残りHPと同じダメージを喰らって死ぬ辺り運命に狙い撃ちされている可能性は否めないンじゃないでしょうか。どうせ殺しても死なない体(主人公特権)ですけど

 あ、結局3体連続待ち伏せでの出現だったわけですが、どの血統種も逃げる徴候を見せなかったところを見ると待ち伏せでも血統種は逃げないか或いは逃げるまでかなりかかるかのどちらなんでしょうニャア(しみじみ)。


○ 辿り着いたその先へ

 純結晶は3つ集まったので残るは「儀式の森」へのルート確立のみ。
 ミャア長に依頼されていた「黄金の肝」はポイニーベルから手に入れているので、後はコレを渡すだけ。これで長から森のどこへ行っても良いという許可が得られ、森の北への封鎖も解かれるので、「儀式の森」の「石碑」へはすぐに辿り着くことが出来ミャした。

 が、当然何事もなく、なんて事は無くイベント発生。

 主人公が辿り着くと待っていたように現れたのは謎の鎧の男。あったことがあるような無いような感じですが、飛ばし飛ばしにプレイしている我が輩の記憶では思い出しようながないので初めてであったって事にしておきミャす(投げやり)。
 それは兎も角、鎧の男は巨人を召喚。

深森の守り人タウタバ

 かくして「石碑」へのルートを確立するために血統種タウタバと戦う事になりミャす。

 結果??

 ジジイは死にませんでした

 巨人系は攻撃力が高いから怖いものの、こういう時に役に立つのが神気スキル「黒金の壁I」。一撃は大きくても連続攻撃をしてこない相手ならこれでかなり優位に進められるので、怖い相手ではありミャせんでした。


 かくして、謎の男には結局逃げられたものの、目的だった「儀式の森」のルート確保は完了。
 そしてリウに報告することで、いよいよ帰還実験がスタートしミャした。

 実験を行うのはリウ。

 立ち会った女王マリリスの助言を受けながら、純結晶を使って器の力を振るい、異世界への帰還を願いミャす。

 そんな願いを受け入れたのか、石碑は一条の光を天に向けて放ちミャした。

繰り返される悲劇

 しかし起こったのは、新たな旅客機の召喚。

 そして、墜落。

 世界は、単純には願いを叶えてはくれミャせんでした。

絶叫

 仲間の絶叫がこだまするなか、主人公達は旅客機が墜落した貧民街へと走るのでした。


 次回へ続く。


○ 冒険の記録と備忘録

Lv 愛称 種族 クラス 性別 LP 年齢
12 ぽひ ヒューマン サムライ 1/1 67歳
10 ダンテ ドワーフ ナイト 2/2 43歳
9 ハワード ヒューマン ファイター 2/2 50歳
9 アーシュラ ネイ ニンジャ 3/3 12歳
9 セルマ ヒューマン ニンジャ 3/3 12歳
10 ワーグナー ネイ ダンサー 1/2 31歳 療養中
10 ルイス ミグミィ ダンサー 2/2 41歳
10 エンデ ミグミィ ダンサー 2/2 41歳
10 ボーム エルフ ウィザード 2/2 23歳
10 ローズマリー エルフ ウィザード 2/2 42歳
10 エンデ ミグミィ クレリック 3/3 17歳
10 プリョイセン ミグミィ クレリック 2/2 42歳

 何だかんだでみんな順調に成長中。
 大分死亡率は下がってきた気がしミャすが、何時でも油断が出来ないのが本作だと思いミャす。

備忘録

・貧民街へ向かう事

マリリス大空へ

・マリリス様、空飛べたんですか!?


ナビゲート

剣の街の異邦人 ~白の王宮~

アフィリエイト

剣の街の異邦人 ~白の王宮~ (初回限定版) (『剣の街の異邦人』2枚組 オリジナルサウンドトラック 同梱)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)