『THE KEEP』プレイ日記 vol.1

 確か最初に話題に取り上げたのが先月の『3DダンジョンRPG情報局』で、その時に必ずプレイすると書いた記憶はあるんですが、気がついたら1月くらい放置状態になっていて時間が過ぎゆく速さに今更ながら驚いている今日この頃です。うん、ミャア、ゲームが手につかなかった時期なのは事実ではあるんですが…うん(遠い目)。

 そんなこんなで3DSDLソフト『THE KEEP ~呪われしクリスタルの迷宮~』気軽にプレイ日記1回目。
 続きは折り込みから


○ 概要

 本作は、3DSダウンロード専用ソフトとして配信された3DダンジョンRPGです。
 配信されるまで存在を知らなかったくらいで全然情報を知らなかったわけですが、Sandstormのjzunkodj4y様によると元は2014年に配信された洋ゲーとのこと。本作はアークシステムワークスによる、そのローカライズ作品と成りミャす。

 ゲームとしては、リアルタイム制の3Dダンジョン。
 所謂『Dungeon Master』の系譜で、近年だと『Legend of Grimrock』何かが該当するジャンルになりミャす。
 上でも紹介している記事でjzunkodj4y様も書いておりミャすが、日本だと3Dダンジョンは『Wizardry』からの伝統のターン制が根強い人気を誇っておりミャすが、海外ではリアルタイム制の方が人気があったりするんですよねぇ。むしろターン制はリアルタイムでゲームを処理できなかった時代の産物でもあるため、何で日本人は古いスタイルに拘っているのかと思われる、なんて話を聞いたことがありミャすが、この辺も日本が得意なガラパゴス化が起こっている部分なんでしょう。

 ミャア新しい事しなくて良いから作るのが楽そう、とか開発(の上の辺りの人達)の事情なんかも絡んでいるような気はしなくもありミャせんが(適当なデマを振りまく構え)。


○ 仕掛!!罠!!敵!!

 で、ゲーム本編。
 ストーリーとしては勇者(プレイヤーの分身)がクリスタルを使って悪い事を始めた魔法使い(か、そんな感じの悪い人)につかまった人達を助けに行ってさぁ大変と言ったもの。
 チャプター制で、チュートリアルでもあるチャプター1で操作を覚えるとそこで魔法使いにつかまって、チャプター2からは脱出劇が始まることになりミャす。

 ミャア、ストーリーは置いといて。

 仕掛け、仕掛けです。
 本作はスティックでダンジョン移動、そしてタッチペンでアクション操作というDS初期ではたくさん見られたけどその後ボタン操作に回帰するゲームが多くて最近では少なくなったタイプの操作方法が採用されていミャす。
 で、パネルをタッチか十字キーで作業モード・攻撃モード・魔法モードとステータス画面にモードが切り替えでき、それらをリアルタイムで駆使しながらダンジョンを進んで行くことになるわけですが。

 仕掛けを解くのが本当に楽しいです

 最近だと(気づいたら2~3年前ですが最近です)『Legend of Grimrock』でこの手のゲームを遊んでその時にも思いミャしたが、探索しながら各種スイッチを見つけたり思わせぶりなメッセージを発見したり、明らかに石を置いてくださいとばかりのスイッチ床を見つけたりしては、それがどう作用するのか、どう作動させれば正解なのかを考え、試行錯誤して楽しむ、というこの感覚は、RPGというよりもパズルゲームに近いんじゃないかと思いミャす。
 もちろん大好物なのは言うまでもありミャせん。

 仕掛けの基本は(今のところは)スイッチがほとんど。
 ミャア、レバーだったり、ボタンだったり、踏むと作動する床スイッチだったり、注意しないと見つからないような隠しスイッチだったりとバリエーションが豊かですが、それを押すことで扉が開くものもあれば床の落とし穴が閉じるもの、先に進めるようになる事で逆に敵に襲われるようになるものがあるなど、対応は様々となるので一つ一つのスイッチが何が起こるか分からない楽しみに充ちていミャす。

 ああ、これは良いゲームですニャア。

 物理攻撃はタッチパネルに表示される3×3のパネルを3枚スクラッチする事で「切りつけ」。連続で当てることでコンボが発生して、特定のパネルをスクラッチすればスキルが出せるようになるなど直感的な操作にプラスアルファがあって面白いです。
 が、最初は上手く切れなくて四苦八苦。
 サッと切るのではなく、ちゃんと3パネルなぞって離さないと攻撃判定が出ないらしく、ミャずちゃんと攻撃出来るようになるまで苦労しておりミャす。
 そしてちょっと進んだら攻撃は出てるけど、判定的に当たらなくてミス連発でそちらはそちらでさらに苦労中と、何だか大変です。

 レベルアップ時にボーナスポイントをパラメータに割り振れるんですが、どうもちゃんと力に割り振っていないと攻撃が当たらない仕様なようで、安定させるまでもうしばらく苦労しそうな気配が有りミャす。

 対して魔法は、ダンジョン内で拾うルーンをパネルに配置し、それを特定の順番でなぞることで発動させる形式です。
 炎とか剣とかそんな感じの文様をなぞる感じですニャ。
 組み合わせに関してはダンジョン内で拾えるスクロールに書いてあるのでそれを参照。多分知ってさえいればルーンを拾えばすべての魔法が使えるんでしょうけど、初プレイでそれは絶対無理なので地道に集めていくしかなさそうです。
 で、こっちの方は攻撃の外れは無し。
 でもレジストで無効化は有り。
 結局外れるわけで、おかげで戦闘はけっこう運に頼る面が強く感じミャす。

 結局は退路と確保して下がりながら戦うというのが一番っぽいですニャア。


○ そして探索は続く。

 かくして脱獄開始のチャプター2を越え、兵士詰め所っぽいチャプター3までクリア。
 先は分かりミャせんが、そんなにボリュームはないそうなので、がっつりやると割りと簡単に終わりそうです。
 ちなみに、各チャプターのクリアとなる階段に触れると、そのフロアの敵の撃破数やシークレットの発見数、子供達の救出数を5/5といった数字で表示してくれる親切設計。不満なら戻って探索を続けられるので、満足いくまで探索してから先に進めるので難易度はそんなに高くないんじゃないかと思いミャす。
 ミャアこの手の謎解きって、「気づけるかどうか」という部分が強いので、人によっては難しいのかも知れミャせんが…とにかく試行錯誤をするのが好きな人のゲームでしょうニャア。

 …いや、間違いなく我が輩向きのゲームですニャ、これは。


ナビゲート

THE KEEP ~呪われしクリスタルの迷宮~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)